業者・状況によって異なるねずみ退治の方法

柱やコードに傷がある、食物が何かに食べられた形跡があるという場合、その周辺に米粒ほどの黒い物体が落ちていたら、ねずみが棲みついている可能性があります。



電気コードをかじられてしまっているという場合、最悪の場合には漏電・停電の原因となる可能性がありますし、食物があるところにねずみが徘徊しているのは衛生的とは言えません。そこで、ねずみが棲みついているような形跡が見られた場合には、早めに退治を行なうことをおすすめします。


一口にねずみ退治と言っても、その方法はねずみの種類や棲みついている場所によって異なります。



適切な退治方法を選択するためにも、経験・実績が豊富な業者に依頼するようにしましょう。
適切な方法を見極めるためにも、調査を行なうところから始めます。
どこに棲みついているのかを見極めることにより、適切な退治の方法を提案してもらうことが出来ます。

業者を選ぶ時に、ろくな調査も行なわず、料金だけを提示するようなところは後々追加料金が発生する可能性もありますので、注意が必要です。

見積額が提示されたら、金額はもちろん、どのような内容であるのかを確認しましょう。見ただけではその内容が分からないという場合には、確認をするということも大切です。



可能であれば、一つではなく複数の業者に見積もりを依頼してみましょう。
それぞれの業者の違いを知ることで、自身に合った業者を選ぶことが出来ますし、費用の比較をすることも出来ます。